植物に胎盤はないのに「プラセンタ」?

プラセンタの由来によって特徴がそれぞれ違いがあちます。動物性、植物性など様々ですが、メロンプラセンタは植物性のプラセンタです。メロン胎座から抽出されていて注目が高まっています。

 

メロンプラセンタは植物性で、通常プラセンタは胎盤などから抽出されますが、メロンプラセンタは胎座から抽出されています。動物性のプラセンタであれば、胎児を成長させるための胎盤から抽出され、馬、豚由来のプラセンタも人気が高いですが、動物性の場合感染症になるリスクも否定できません。

 

そこで、多くの植物の胎座から抽出されるようになっています。

プラセンタが美肌に良い理由は?

動物性、植物性どちらもプラセンタが注目され人気が高まっている理由は、何と言ってもアンチエイジング効果が高い点です。プラセンタが美肌に良い理由は細胞分裂や増殖を促進させる成長因子が多く含まれます。成長因子の働きは、血管を新しくしたり、神経を成長させるなどがあります。この成長因子によって、皮膚の血行が良くなり、代謝UP、お肌のターンオーバーが活発になっていきます。

 

お肌の再生サイクルが正常になる事でメラニン色素の排出も促進、お肌がみるみる白く綺麗になるというわけです。

 

美白効果だけではなく、肌のハリ、弾力、潤いを保つコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどを活性化して合成を促してくれます。そのため、肌の弾力UP、シワ、タルミを改善してくれます。ただし、植物性プラセンタには成長因子は入っていません。そのため、アンチエイジング効果は動物性プラセンタのように期待はできませんが、その他の栄養成分によって美容効果を発揮しています。その植物によって含まれる成分がことなりますから、何に由来しているのか?によって効果は大きく違いがあります。

植物由来だからホルモンリスクなし!

プラセンタの副作用で良く聞かれるのが、乳がんへの影響です。乳がんはホルモンのバランスが乱れる事で起こる病気ですが、これらはプラセンタのみが原因でしているわけではありません。生活習慣や遺伝的なものも要因としてあります。

 

植物性のプラセンタは植物の胎座から抽出された成分で、病原菌、動物性ホルモンの心配はありません。動物性プラセンタの安全性が気になる方は、植物性のプラセンタを選択するのが良いでしょう。また、植物性のプラセンタにもビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富に含まれていて、この栄養成分の豊富さから美容、医療に役立てられています。

 

このような経緯もあり、基本的には安心して利用できるものと判断できます。

メロンプラセンタは何に効く?

メロンプラセンタにはビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養が豊富に含まれています。ビタミンEがたっぷり入っているアボガドオイル、保湿効果に必要なパインセラ、メラニン色素をおさえてくれるリンゴポリフェノールなどが含まれています。お肌の滑らかさや潤い成分を維持するコラーゲンペプチドなどが美肌効果を発揮してくれるようです。

 

特にアボガドオイルは中性脂肪をhらしてくれるオレイン酸も含まれます。リンゴポリフェノールは血液の流れを良くして脂質の酸化を抑えますから、生活習慣病を防ぐ効果も期待できそうです。年齢を重ねる事で気になるお肌の悩みは尽きないものです。ほうれい線、小じわなどは冬の感想する季節になるとより拍車をかけてしまう事もあります。

 

そんな日頃のケアでは追いつかない時、効果の高い栄養成分を効率よく摂る事がとても大切。毎日のスキンケアにメロンプラセンタをプラスするだけで、ケアもそのままに効果がえられるなら取り入れないわけにはいきませんね。

植物に胎盤はないのに「プラセンタ」?